吉祥寺のろ 加藤幸和

お店に入るといつも

「お〜柊平、何しに来たんだ?」

と客である僕に加藤さんは言う。

ビールにしようかなと言うと

「それはお客さん用だからダメだ」

と客である僕に加藤さんは言う。

親子ほど、あるいは祖父孫ほど歳の離れた僕に

「俺たちは友達だ。これから宜しくな」

初めて会った時に加藤さんはそう言ってくれた。

2021年9月19日の朝方に加藤さんが息を引き取ったとの知らせがありました。

お店を閉めてから自宅に何度も遊びに行きましたし、入院してからも電話で連絡を取っていたので知らせを聞いた時は正直、やっと楽になれたかなと思いました。

29日に良い天気の中、火葬が無事に行われて真っ直ぐ天国に着いたかな。

加藤さんとの思い出をダラダラ書こうと思ったけどたくさんあり過ぎて絞りきれないのでね。

僕にとっての吉祥寺

加藤さんが人生を懸けて創ったもの

人生を懸けて引き継ぎます

出逢ってくれてありがとうございました

いつも味方でいてくれてありがとうございました

ゆっくり眺めててください

僕が迷ったとき、ほんの少し力を貸してください

また飲みましょうねって思ったら

おう!って聞こえてくるのは気のせいじゃないね

暫しの別れ、笑って過ごしましょうか

加藤さんありがとう

またね。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何かのついでに一杯、何かをしながら一杯。 そんなひとときが幸せ過ぎる近頃。 買い物に出掛ける、公共料金の支払いに家を出るとついふらふらと飲み屋の敷居を跨ぐのですよね。初めましてから始まる出逢いがひとつまたひとつと増えていくのが嬉しくて。 一人で飲むのもまた良し。 晴れた昼間にはベランダで大根、人参、ネギ、ほうれん草に水をあげながら自分に缶ビールあげる。ベランダでそのまま本を読みながら一杯なんてなも

現在は4月26日です。 濃い一週間を過ごしました。いや、二週間か。 というより今年は濃いです、ほんとに。ありがたいことですけどもうヘトヘトで、これから暑い暑い夏となると思うと耐えられるかどうか…まぁ…耐えるんでしょうけど。 楽しみだったウッディ(谷澤ウッドストック)と畑崎大樹さんとのライブを無事に終えまして(ご来場頂きありがとうございました。こんな幸せなブッキングは今後あるかどうか)上京八周年とな

2022年1月2日。八百屋で買ってきた大根を鍋に。普通に頭を落として捨てようか…ん?これを育てたらどうなるかなぁと思いながら同じく鍋に入れたしめじのパックに水道水を入れて日当たりの悪い台所の蛍光灯の下に置いたのが始まりでした。 育つ訳がないと思いつつも放ったらかしにしていると枯れてしまって…んぉお!新芽が!!! 周りは枯れ果て落ちていくけど中の中から優しい小さな緑があって…もう…感無量。 丁度ギク