寒い年越し

東京で過ごす7回目の年越しは穏やかにいられるだろうか。

上京して4年間はライブハウスの年越しライブをスタッフとして過ごし、その後の2年は寝て新年を迎えた。今年も多分そうでしょうね。

不安を口にすると増幅しそうになるからなるべく笑っていようと過ごした1年間だったと思う。楽しくて笑った、笑いたくなくても笑った、笑って欲しくて笑った。作り笑いにも慣れてきた。笑顔を崩すといつでも泣けると思ったから。来年も笑門来福を信じて。

「息苦しい世の中に、忙しない毎日にほんの少しでも笑えるように」ライブはそうでありたいと構成してきました。今年も多くの方々に笑っていただけましたね。

ありがとうございました。

活動の場を少しずつ広げていこうと企んでることもいくつかあるので追々と発信していきます。

真剣に馬鹿馬鹿しく。下には僕がいますので安心して上を向いてください。


僕にもあの人にもあの娘にも

明日は良いことありますように

(ついている より)


酔いお年をお迎えください。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何かのついでに一杯、何かをしながら一杯。 そんなひとときが幸せ過ぎる近頃。 買い物に出掛ける、公共料金の支払いに家を出るとついふらふらと飲み屋の敷居を跨ぐのですよね。初めましてから始まる出逢いがひとつまたひとつと増えていくのが嬉しくて。 一人で飲むのもまた良し。 晴れた昼間にはベランダで大根、人参、ネギ、ほうれん草に水をあげながら自分に缶ビールあげる。ベランダでそのまま本を読みながら一杯なんてなも

現在は4月26日です。 濃い一週間を過ごしました。いや、二週間か。 というより今年は濃いです、ほんとに。ありがたいことですけどもうヘトヘトで、これから暑い暑い夏となると思うと耐えられるかどうか…まぁ…耐えるんでしょうけど。 楽しみだったウッディ(谷澤ウッドストック)と畑崎大樹さんとのライブを無事に終えまして(ご来場頂きありがとうございました。こんな幸せなブッキングは今後あるかどうか)上京八周年とな

2022年1月2日。八百屋で買ってきた大根を鍋に。普通に頭を落として捨てようか…ん?これを育てたらどうなるかなぁと思いながら同じく鍋に入れたしめじのパックに水道水を入れて日当たりの悪い台所の蛍光灯の下に置いたのが始まりでした。 育つ訳がないと思いつつも放ったらかしにしていると枯れてしまって…んぉお!新芽が!!! 周りは枯れ果て落ちていくけど中の中から優しい小さな緑があって…もう…感無量。 丁度ギク